フロアタイル

あがり症の原因と克服法

あがり症を治すには | これであがり症は治せる

あがり症とは

あがり症とは?

なぜ人は、あがってしまうのでしょうか。

あがるという現象は、誰にでも起こるものです。
ただ他の人より交感神経が過敏で過剰に反応してしまう人を「あがり症」というわけです。

血液中のノルアドレナリンの値が上昇すると、

自律神経の交感神経を活性化して心拍数・体温・血圧を急上昇させる結果、動悸や発汗、震えなどが起こり、

これが過剰になってしまうのがあがり症といわれる症状です

血液中のノンアドレナリンが、
どの数値までいけばあがり症という判断はできません。
あがり症とは、緊張に伴う症状ですが
緊張の種類にもいろいろとあるので客観的には判断できないのです。

あがり症とは人前で発言などの行動をする時、
緊張し「汗をかく」「発言がうまくできない」などの
現象が出て「あがっているな」と周囲に思われることなのです。

したがって、あがり症の症状は客観的に判断することは困難なのです。

あがり症は、主に自分があがり症だと思い込むことが、大きな原因のようです。

自意識過剰と言われますが、
このような方の中にあがり症だと思い込む人が多いのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る