フロアタイル

あがり症と赤面症の関係

あがり症を治すには | これであがり症は治せる

あがり症と赤面症の原因

あがり症と赤面症の関係は、一対になって発する場合が多くあります。
あがることによって顔面に血がのぼり赤面するパターンです。

 

あがり症と赤面症に関してまだ医学的にははっきり解明されてはいませんが、
主にあがり症と赤面症は精神的部分が原因である場合が多いようです。

 

あがり症の場合、人とのコミュニケーションを上手く取ろうとするあまり、
失敗やミスに対して過剰に反応するため緊張しすぎて上手く話せなかったり
過度の汗をかいてしまう症状が出てしまいます。

 

赤面症の場合も人とのコミュニケーションで上手くミスなく話そうと思えば思うほど
緊張して顔面に血が上ってしまい赤面する症状が出ます。

 

あがり症も赤面症も対人恐怖症の仲間ではあるのですが、
一番大きな原因は思い込みにあります。

 

人とコミュニケーションを取る場合、上手く話せるだろうか、
失敗しないだろうかと思い込みすぎるあまり、
人とのコミュニケーションの苦手意識が先行して生じる場合が殆んどです。

 

あがり症や赤面症に対する治療薬もあることはあるのですが、
むしろあがり症や赤面症の原因は自分自身にあり、
過度の思い込みが原因であることを認識するとそれだけで
あがり症や赤面症の解消に大きく影響します。

 

まずは、
過度の思い込みを少なくすることにフォーカスすればいいのではないでしょうか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る