フロアタイル

対人恐怖症の種類

あがり症を治すには | これであがり症は治せる

対人恐怖症の種類

対人恐怖症とは、あがり症とも言われている症状で、
人前で話したり人と会うことに
恐怖心を抱き人会うことを避ける症状です。

 

ただこのような症状は、
軽い重いの差はあっても誰でも持っているものです。

 

しかし症状が重くなってくると放っておくこともできません。
日常生活や社会生活に悪い影響を与えるからです。

 

では対人恐怖症には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

『赤面症』
 人前で緊張すると顔が赤くなってしまうという症状です。
誰でも多かれ少なかれ人前で話しなどをする場合、
緊張して顔が赤くなることはよくあることだと思います。

 

ただ赤面症の人は、人前で緊張して顔が赤くなった経験を
異常に罪深く考え精神的に落ち込む度合いが大きいため
他人との会話や一緒にいることさえも不安に感じ
他人とのコミュニケーションが上手く出来ないのが特長の一つです。

 

『震え症』
 震え症とは、人前に出て緊張すると声や手足が異常に震えるという症状です。

 

誰でも緊張して声が震えたり、手足が震えたという経験はあると思いますが、
赤面症の方と同じく震えが出たことによって精神的に落ち込むのが特長です。

 

この他にも、正視恐怖症、表情恐怖症、視線恐怖症、醜形恐怖症、
発汗恐怖対症、唾液恐怖症、体臭恐怖症、雑談恐怖症など、
様々な種類の対人恐怖症があります。

 

これらの対人恐怖症の症状が
単独、もしくは2種類以上の症状が組み合わされて出ることもあります。

 

むしろ複数の恐怖症が組み合わされて出る場合が多いのも
対人恐怖症の特長の一つです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る