フロアタイル

対人恐怖症と薬物療法

あがり症を治すには | これであがり症は治せる

対人恐怖症と薬物療法

薬で治す対人恐怖症には、
症状に合わせていろいろな種類の薬が処方されます。

 

薬による対人恐怖症の治療は、
不安分子を脳に伝達しないようにする方法があります。

 

不安を軽減させる作用のあるSSRI。
これは脳内神経伝達物質のセロトニンを調整し
緊張時に不安を和らげる効果があります。

 

うつ病治療によく使われるものです。

 

他に緊張時に不安を和らげる効果のあるものは、
クロナゼパム(製品名はランドセン、リボトリール)などが
よく対人恐怖症の治療薬として使用されています。

 

また対人恐怖症(あがり症)の症状で
人前で話をすると異常に汗をかいたり、手が震え、
心臓の鼓動がドキドキする症状を訴える方も少なくありません。

 

このような症状を軽減するときに用いられるのが
高血圧や狭心症の薬として使われているβ遮断薬です。

 

人前でのスピーチやプレゼンなど事前にわかっている場合は
これらの薬で一時的に対人恐怖症の諸症状を軽減できるかもしれません。

 

ただ薬は、副作用もあり、効果も個人差があります。

 

対人恐怖症の症状で悩んでいるなら
薬に頼らず根本的な治療が必要です。

 

自宅でできる対人恐怖症(あがり症)を克服する方法も
いろいろ公開されているので一度試されると良いでしょう。

 

急なスピーチやプレゼンで即効性を求めるなら薬も良いかもしれませんが
長い目で見ると薬に頼らない治療法を実践されるのが良いのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る