フロアタイル

あがり症の原因と克服法

あがり症を治すには | これであがり症は治せる

スピーチを頼まれたらどうする?

もし今あがり症のあなたがスピーチを頼まれたらどうでしょうか。

 

困った、ツイてない、どうしよう、嫌だなーと言った気持ちで
しぶしぶスピーチの練習を始めるのではないでしょうか。
しかし、このような気持ちでスピーチの練習をしても
成功する可能性は極めて低いでしょう。

 

理由は、スピーチを頼まれたことをマイナスだと捉えているからです。
これでは、いつまでたってもあがり症は克服できません。

 

むしろスピーチを頼まれたら、
これはあがり症を治す絶好のチャンスだ
ぐらいの気持ちで取り組まないと
あがり症は決して治すことはできないからです。

 

あがり症を治すには、
そのような緊張の場数を多く経験する必要があるからです。
小さな失敗も次第に慣れて何も思わなくなるからです。

 

このように自意識過剰な状態から脱出するためにも
緊張する場面を数多く経験するのが一番です。

 

誰でも、最初は、緊張し、あがるものです。
ですからスピーチを頼まれたことは、
あがり症を治す機会を与えてもらったと考え、むしろ感謝するべきなのです。

 

上手く話そう、みんなにウケようとか考えず、
練習ではいろいろなことを想定してスピーチの練習をしてみましょう。
あがり症の人は、このような経験(人前で話す)が少ないので
あがり症になるのだとも言われています。

 

スピーチを頼まれたら、本番でうまく話しているイメージをしっかりし、
繰り返し繰り返しスピーチの練習に励んでください。

 

決して面白おかしく話そうとしないことでしょう。

 

あがり症治すためのレッスンをしているのだと思って
失敗は当然位の考えで挑めば
いつしかあがり症は克服できているのではないでしょうか。

 

スピーチを頼まれても困らない「あがり症の治し方」詳細は

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

 

★プロが伝授するあがり症の治し方!大公開中!を御覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る